ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

ごだいぶろぐ|頭がレリーズしている26歳の雑記ブログ

転職したての社会人4年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【ダイヤのA actⅡ】第46話「勝ってこそ」社畜のネタバレ&感想|市大戦決着!青道に忍び寄る亀裂…

スポンサーリンク

前回の第45話のネタバレ&感想はこちら 

第46話 勝ってこそ

f:id:godaiyu:20160824201413j:plain

場面は試合が終了し、市大エース天久が自軍スタンドに向かってガッツポーズをしている姿から始まる。そしてスコアボードに刻まれた3-5のスコアから、9回の青道高校の攻撃の回想へ。

 

 

9回表

青道 3-5 市大

2死ランナー2塁

 

 

二塁には御幸。どうやら青道は、2番東條もしくは3番小湊が出塁⇒4番御幸がヒットで1,3塁⇒5番白洲が内野ゴロで1点を返した模様。沢村は裏の守備に備え、ブルペンで投球を続けている。

 

続いて打席には6番の前園。バットを振り抜いて会心の当たりに思われたが、レフトフライで試合終了。

 

 

春季東京都大会 準決勝第1試合       

青道  2 0 0 0 0 0 0 0 1 3

市大  0 0 0 0 5 0 0 0 X   5

 
 
142球を投げバテながらも逃げ切った天久。その球数だけに、決勝は投げないのではないかと話す観客。沢村が先発で良かったという観客もいたが、やはりエースの降谷がしっかりしてくれないとという声が大半の様だ。
 
 
観客達
「選抜に出たチームが夏勝てないなんてよく聞く話だな」
「つか打線も」
「今の状態で稲実に勝てんの?」
成宮打てんの?
 
 
それぞれ険しい顔でベンチを後にする青道3年生。コーチ落合は主要メンバーは球場に残って次の試合を観ておいた方がいいとの指示を出していた。そして無言で見つめる先には、インタビューを受ける監督片岡。何やら落合にも思うところがある模様
 
 
場面変わって沢村、遅れながらもベンチからスタンドへ移動中。その途中、スタンドで応援していた1年生瀬戸と奥村と遭遇する。
 
 
瀬戸「 (沢村の荷物) 運びましょうか?」
沢村「いや…いい」
 
 
考え事をしている様な沢村の姿を静かに見つめる奥村。そこに偶然にも天久が通りかかる。ペコ、と一礼をして去ろうとする沢村だったが、呼び止められてしまう。
 
 
天久
「ちょっと待った!お前にここで会えてよかったよ!聞きたいことあったんだ」
「あれ何?あのボール スライダー?カット?」
「打席で見たやつがボールが消えたって言っててさ」
「俺も打席で見たかったのに投げなかったろ」
「どうやって投げてんの?握りは?」
 
 
沢村
「あの!!」
「俺たちは試合に負けたんだ」
「話すことなんて何もないですよ」
 
 
沢村の力強い発言にぽかんとする天久。が、
 
 
天久
「なんで?」
「これは野球談議で会ってそれとは別じゃん!?」
 
 
沢村
「え!?」
 
 
天久
「一投手として話してるだけじゃん 握り方教えてよ」
 
 
沢村
「嫌だ!!」
 
 
天久
「なんで!?」
 
 
その後も天久は沢村にラインの交換を持ちかけるが、タメ語で断られてしまう。市大の後輩たちは、天久が他校の投手に興味を持つのは珍しいと談義していた。そして天久に対し怒りを見せる者も。
 
 
奥村
「あのボールに興味を持つのはわかる…」
「けど、自分たちが負かした相手にあれはない」
「失礼すぎる」
 
 
瀬戸
「…光舟」
「お前それ、何に対する怒りだよ」
 
 
場面変わって次の試合の開始前、ジャージ姿に着替えスタンドで観戦している青道主要メンバー達。一方の沢村は、その団体から少し距離を置いたところに一人で腰を掛けていた。
 
 

試合前のシートのノックが終了し、ベンチ前に並ぶ稲実と帝東の選手たちで次回へ―

 

 

淡々と感想を

青道高校、春の都大会は準決勝で敗退!!

最終回に1点返しましたが、やはり天久は崩せませんでしたねー。作中でも言っていましたが、青道は早めに沢村にスイッチできていれば、内容は変わってきたのではないでしょうか。

 

そして不信感が積もる沢村。周りの扱いもですが、今後彼本人がどういう態度を取っていくのか非常に気になります。大ぴらに態度に出すタイプにも見えませんが…

 

1年生の奥村は、なんだかんだで沢村と仲良くなりそうですね(笑) あれだけ沢村に嚙みついていましたが、他校の選手に軽率な態度を取られてぷんぷんの様子。このツンデレっ子め!!その様子にやにやする瀬戸もGood(笑)

 

さてさて、負けてしまった青道高校野球部ですが、ここから夏に向けてストーリーをどうもっていくのでしょうか。

 

降谷調子を崩してイップスに?

沢村エースナンバー奪取?

奥村ベンチ入り?

どれも違うかもしれませんが、試合が終わって始まる日常パートが楽しみです。

 

そして帝東の向井と乾さんは、稲実相手にどこまでやれるのか。まさか勝ったりはしないだろうけど、どんな試合展開を見せるのか。

 

まて次回!!

 

ダイヤのA actⅡ Kindle版はこちらから

※1巻のみ無料配信中