ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

IT業界からの転職を企む社会人3年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【ダイヤのA actⅡ】第55話「戦う姿勢」社畜のネタバレ&感想|守備で流れを変えろ!1年生反撃開始!

スポンサーリンク

前回の第54話のネタバレ&感想はこちら

第55話 戦う姿勢

f:id:godaiyu:20161102030610j:plain

3回裏

新入生 0
上級生 8
 
 
ついに1年生の本命選手が投入された。
 
 
捕手:奥村
二塁手:瀬戸
投手:浅田
 
 
投球練習にて最後の一球を投じる浅田。対する奥村の二塁送球は、塁上へドンピシャ。浅田は自分のストレートより早いのではないかと驚いていた。


瀬戸
「浅田~!!思いっきりいけよ!」
 

その頃グラウンドの外では、守備変更した1年生達に対して様々な声があった。奥村の強肩、浅田の遅球に対するOB達の声。
 
 
一方同じ1年生で既に1軍ベンチしている由井の見解は少し違った。
 

由井
「意地悪な試合だよね。これって。まだ本格的に練習に参加していない1年だし選手同士のことだってよくわかっていない」
「そんな手探りの状況で先輩達と戦わなきゃならないんだ」

(ま‥‥この状況でも存在感を示せる選手を求めているんだろうけど)
 

――イニング前回想――
 

浅田
「え!?しょ‥勝‥機?」
 

瀬戸
「光舟はな、いつだって誰が相手だって本気だぜ‥だからこそ危なっかしくてほっとけないんだけどな」
 

奥村
「拓‥今なんて?」
 

瀬戸
「別に!!お前といたら退屈しないって話だよ」
 

奥村
「内野への声掛け徹底するぞ。拓」
 

浅田
「え?‥え?」
 

瀬戸
まず守備からリズムを作らねぇとな!
 

浅田
(も‥もしかしてこの人達‥先輩相手に勝つ気でいるの!?)
 

――回想終了――
 

一方未だに電柱の陰に隠れている沢村。
 

沢村
(しっかりリードしろよ狼小僧――浅田はナイーブな奴なんだからな)


浅田
(!初球アウトコースに真っ直ぐ‥もっと強気にくるかと思ったけど無難な入り方‥)
(そうだよね‥不安だよね。僕がどんな球投げるのか‥)
 

浅田が投じた1球目。これが1ページを使うほどのジャストミートの描写。打球はレフトの頭上越え2ベースになってしまう。すかさずタイムを取る奥村。


浅田
「‥‥ごめん‥力んで‥真ん中に」
 

奥村
「いや悪くない。むしろ安心した」
「気持ちが逃げてたらワクの中には入ってこないからな」
 

浅田
「‥‥」
 

奥村
「今みたいにしっかり腕振ってこいよ。その方がカーブとのギャップをつけられるからな」
「さぁいこう!」
 

浅田
「‥‥!!はい!!」
 

奥村
「敬語はいらない」
 

瀬戸
「声が出てきたな。ああ見えて光舟は投手のせるのうめぇからな‥
 
 
続く打者はバントの構え。交代前の投手・九鬼がバントの構えを見て安易にストライクを取りに行きバスターで弾かれたことを思い出す。
 

奥村
(バッター集中しっかり腕を振れ)
 

OB
「ランナーいない時からセットだったよな」
「今の選手は多いよな」
 

浅田
(背が高く動作の大きい選手は走られやすい)
(中学の先生にそう言われたのが悔しくて‥自分なりに研究して辿り着いたこのスタイル)
 

投じた初球。アウトコースに真っ直ぐストライク。


浅田
(僕みたいに個性のない投手はランナーを背負うことが多いから‥)
 

奥村
「ナイスボール」
 

浅田
(今ミットの良い音した‥しっかり腕振れてたのかな)
 
 
続いて投じた2球目、打者はきっちりとバントし1死ランナー3塁となる。
 

OB
「さてここから上位打線」
「上級生は点取って当たり前の状況。どうやって点を取るかに注目だな」
 

そんなOBの声もなんのその、奥村は内野陣に前進守備を指示する。
 

瀬戸
「前だ!!前!!前に出るぞ!!」
 

OB
「内野前進守備!?」
「おいおい8点差あるんだぞ!?」
「今更1点防いでも‥」
 

落合
(ほう‥‥)

 
倉持
「‥いや。示したいのは戦う姿勢‥
 

瀬戸
「ここで止めるぞ!打たせてこい浅田!ホームで刺すぞ!!」


「初球から来るぞ!!」
「思いっきり腕振れ!!」
「フライは任せろ!!」
 
 
上級生の打球の速さによるプレッシャーをよそに、次第に盛り上がる1年生チーム。そんな状況を作り出した奥村に対し、グラウンドの外の由井は思わず頬に汗を見せる。
 

由井
(‥‥奥村光舟‥)
 

OB
「守備を入れ換えてから雰囲気かわぅたよな」
「ここを0点に抑えたら流れもかわるぞ!」

緊張している浅田が投球モーションに入るところで次回へー
 

淡々と感想を

1年生だけでいけるやん!

 

はい、想像以上に新1年生の試合が面白いです。特に瀬戸と奥村の守備で戦う意思を見せることによって「流れ」を変えようとする姿勢、すごく好きです(笑)

 

瀬戸はたぶんこの試合で活躍して2軍入りするんだろうけど、将来的に春っちとポジションかぶるんだよなぁ…倉持引退したらコンバートとかしたりするのかね。

 

まあまだずいぶん先の話だけど、好きなキャラだけにポジション争いする姿はしっかり見たいです。そして来週こそ瀬戸の守備・走塁技術にビビる倉持パイセンの姿が見られるのでは…?

 

今度こそグッバイ倉持!それではまた来週!

 

ダイヤのA actⅡ Kindle版はこちらから

※1巻のみ無料配信中

 

過去記事

第51話「いい顔になってきた」奥村のツンデレ激化

第52話「確かめたいもの」ツンデレ奥村光舟くんの過去

第53話「通過儀礼」新入生vs上級生!

第54話「通用するよ」止まらない上級生打線