社畜SIerと白い犬のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

IT業界からの転職を企む社会人3年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【ダイヤのA actⅡ】第57話「教え」社畜のネタバレ&感想|脅威の1年生コンビ!"考える野球"の強さ

スポンサーリンク

前回の第56話のネタバレ&感想はこちら

第57話 教え

f:id:godaiyu:20161123232044j:plain

4回表

新入生 0 ランナー1塁
上級生 8
 
 
粘り強く四球をつかみ取った1年生・瀬戸。コーチ落合の評価は「走力特A」と非常に高いものだが、足の速さと盗塁の技術は別物と辛口。
 
 
と瀬戸について言及しているさなか、本人が選択したのは初球単独スチールだった。
 
 
それは狩場(上級生チームの捕手)を舐め過ぎだというギャラリーの声が上がる中、なんなんく2盗を成功させる瀬戸。
 
 
これで一打で得点するチャンス、打者は奥村。投手の配球を読みつつ、外のスライダーを堂々と見逃す。
 

そしてこのスライダーはショートバウンドになってしまう。2塁の瀬戸はすかさず3塁へ向かう。
 
 
沢村

「今…狩場がボールを弾く前にスタートきってなかったですか?」

 

 

倉持

「ああ…」

「ボールの軌道がワンバンすると判断しスタート切りやがったな」

 

「相当訓練されていないとできない走塁だぞ」

 

 

1アウトランナー3塁

 

 

奥村のバッドは水平になりここでスクイズの構えへ。3塁からホームへダッシュする瀬戸。と思いきや瀬戸はバッドを引きこれがボールへ。

 

塁上、そして打席からも揺さぶりをかける1年生コンビ。どれだけ偏差値の高い野球をやるのかと舌を巻く金丸と、お前より野球に詳しいんじゃないのかと指摘され焦る沢村。

 

 

落合

「なるほど…あの2人は神奈川の大京シニア出身か」

「あそこはシンキングベースボールが有名なチームだったからな」

 

 

太田

「選手自ら考える野球ですか…」

 

 

落合

(まぁ色んな噂もあったチームだったが…)

 

考えろと心の中で繰り返す打席の奥村。

 

 

奥村

「俺の身体の中にはあの人の教えが根付いている」

「もう消せない…」

「逃れられないー」

 

外のボールを振り抜き打球へライト前へ。なんと2人だけで得点に成功した1年生チーム。

 

 

4回表

新入生 1 ランナー1塁
上級生 8
 
 
ギャラリー
「2人で1点取っちまった!!」
「去年も似たことなかったか?」
 
 
グラウンド外で試合を見つめる結城と由井。そして結城がその場を立ち去り次回へー
※次回は休載です
 

淡々と感想を

瀬戸の活躍回キター!!

ぐっばい倉持!!

 

という冗談はさておき、やはり大京シニアコンビめっちゃ強いです…!

 

よく野球は1球ごとにプレーが止まると言いますが、その都度あらゆるケースを想定するのは相当難しいものだと思います(経験談)

 

スクイズフェイクも事前に打ち合わせ済みだったのでしょうか、息もぴったりでしたね。さてここから1年生は連続得点できるのでしょうか。

 

また、省略しましたが今週は青道主将の御幸が東京選抜に選出されていたことが発覚しました。これで成宮・御幸バッテリーが実現するのか?

 

そして捕手の御幸が外部の練習でいなくなることを考えると、やはり捕手は欲しいですね…由井に負けるな奥村!!笑

 

それではまた次回!

 

ダイヤのA actⅡ Kindle版はこちらから

※1巻のみ無料配信中

 

ダイヤのAの過去記事はこちらから

第51話「いい顔になってきた」奥村のツンデレ激化

第52話「確かめたいもの」ツンデレ奥村光舟くんの過去

第53話「通過儀礼」新入生vs上級生!

第54話「通用するよ」止まらない上級生打線

第55話「戦う姿勢」1年生反撃開始

第56話「自己主張」魔球ドロップカーブ炸裂