ごだいぶろぐ 絶対大丈夫じゃないSEのぼやき

頭が封印解除しているシステムエンジニアのブログです。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

ゲーム配信始めましたのご挨拶と【A Plague Tale】をプレイした感想(ネタバレ含む)

スポンサーリンク

こにゃにゃちは。6月からの出勤に怯えている私です。

 

先日PCを自作したことを記事にしましたが、そこそこのスペックを手に入れたことでPCゲームができるようになりました。やったね。


ということで最近はツイキャスにてゲーム配信を始めました。

ごだいせんせー (@godai_mako) 's Live - TwitCasting

 

Youtubeチャンネルも持っているのですが、まだ配信に慣れていないので、ツイキャスでやったりYoutubeでやったりとうろうろしております。毒にも薬にもならない雑談メインのゆる―――い配信ですので、気軽に遊びに来て下さい。喜びます。

 

※ツイキャスで配信したものをダイジェスト版としてYoutubeに挙げております

 

そんでもって今回PCでプレイしたゲームが、『プレイグ テイル -イノセンス-』(A Plague Tale: Innocence)という洋ゲーでした。

 

タヒりまくったのですが、総プレイ時間が17時間程度で割とさくっとクリアできる部類のゲームですね。

 

シナリオは以下の通りです。

1349年、英仏百年戦争の時代。「黒死病」として恐れられたペスト(Plague)が猛威を振るうフランスを舞台。

高名な騎士であり領主でもある父ローベルと、錬金術を修めた母ベアトリスのもとで平和に暮らしていた会うことは無く、慎ましく暮らしていた二人、ある日突然ユーゴを狙ってやって来た異端審問官の衛兵たちに襲われ、父を殺される。そして母からは、錬金術師でもある医師ローレンシウスのもとへ行くように言われ、旅立つ。時同じくして、この地域に人を食い殺すネズミの大群が大発生していた。異端審問官ネズミという二つの驚異に狙われながら、幼い二人の過酷な旅が始まる。

引用:Wikipedia

 

な、なんだこの内容は…(驚愕)

 

もうちょっと補足すると、優秀な錬金術師の母を持つアミシア(姉)とユーゴ(弟)が主人公であり、平和に暮らしていたところを何故か異端審問官とやらの集団に襲撃され、弟が捕まりそうになります。

 

何故弟が狙われるのかも分からないまま、アミシアを操作してユーゴを守りながら追手からひたすら逃げるーーというゲームでした。

 

f:id:godaiyu:20200531132750p:plain

ゲーム画面はこんな感じ。ステルスアクションを駆使して、兵士に見つからない様に進んでいきます。主人公のアミシアはか弱い女の子なので、天誅やアンチャーテッドの様に忍びながら近づいて兵士を攻撃…は基本的にできません。

 

 

f:id:godaiyu:20200531133059p:plain

アミシアはか弱い女の子なので、スリングショットを駆使して敵の頭を砕くことしかできません。そしてこれがまた絶妙なゲームバランスを保っています。

 

敵の意識の外から攻撃すればほぼ間違いなく勝てますが、近くに敵の仲間がいるとほぼ確実に応援を呼ばれますし、接近戦になるとスリングを回している間に距離を詰められてやられてしまいます。ちなみにアミシアは、1度の攻撃を受けただけで死んでしまいます。

 

 

f:id:godaiyu:20200531133924p:plain
この距離なら相手に気づかれていてもスリングが間に合いますが、

 

 

f:id:godaiyu:20200531134035p:plain

この距離まで近づかれるとスリングの攻撃が間に合わずほぼ終わりです。お疲れ様でした。

 

このシーンは複数人の敵が次々と突貫してくるので、焦ってスリングの準備が間に合わなかったり攻撃を外したりで死にまくりました。

 

 

f:id:godaiyu:20200531134419p:plain

ユーゴは人喰いネズミを自在に操ることができます(唐突なネタバレ)

ゲーム序盤からひたすら頭を悩まされる人喰いネズミの脅威ですが、なんとゲーム終盤は覚醒したマイブラザーの力によって、ネズミを自由自在に操ることができます。

 

 

f:id:godaiyu:20200531134758p:plain

当然ネズミを操作して敵兵士を襲わせることができます(ゲス顔)

 

敵さんはユーゴの中に眠るこの力を欲しがっていたみたいです。このゲーム、異端審問官のキャラを目にしている時間より、ネズミを目にしている時間のほうが遥かに長かったです。

 

f:id:godaiyu:20200531135418p:plain

そしてラスボスである異端審問官の司教もネズミの使い手だった!

 

もう何が何やら…世界の命運をかけたポケモンバトルが始まります。果たして勝つのはユーゴのネズミか、異端審問官のネズミか!?

 

 

f:id:godaiyu:20200531135753p:plain

ユーゴのネズミをトルネード状にまとめて戦います。序盤の宗教がらみっぽいダークな雰囲気は一体どこへ…新しい世界だの旧世界だの、最終決戦ながら風呂敷が広がるに広がっていきます。

 

 

f:id:godaiyu:20200531140037p:plain

まあ最後はアミシアの投石なんですけどね。躊躇なくご老人の顔面にソフトボールサイズの石をぶち込みます。とは言えアミシアはこの爺さんのせいで父や友人を多く亡くしているので、全然構わないと思います(鼻ほじ)

 

という感じの17時間でした。なんかネタっぽくしちゃったけど、セール品(2,000円)でこのグラフィック、このボリューム、この世界観はかなりコスパが良いゲームだったかと思います。

 

続編出たら一瞬悩んで結局買ってしまいそう、そんなクオリティでした。

 

お疲れアミシア。おかえりユーゴ。