ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

ごだいは今日も生きています。

転職したての社会人5年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【2018年W杯】ゆるゆると日本vsセネガルの感想を|本田圭佑〜王の帰還〜

スポンサーリンク

f:id:godaiyu:20180625201743p:plain

こんちは。梅雨で天パがマジで鬱陶しいごだいです。

 

 

日本強い強い強い!そして眠い!

 


ということで行われたW杯@ロシア、グループH 2戦目 vsセネガル。高い身体能力から繰り出されるスピードと、屈強なフィジカルを武器とする強豪チームとの一戦でした。

 


試合結果だけ見れば2-2のドローですが、我らが日本、失点しても乾の必殺パターン(切り返しからの右足インフロントでファーサイドに巻くアレ)で追いつき、また失点しても今度はアフリカキラー本田のシュートで追いつくなど、最後の最後まで相手チームに喰らいつきました。

 


正直最初の15分くらいは藤田東のフラッシュパスばりにボールを回されて「あ、これ無理なやつや…」と思っていましたが、徐々に相手のミスからボールを取り返し、中盤でボールを回してチャンスメイクしていきましたね。

 

真の司令塔はこの男

また、個人的に大好きな選手なので贔屓目に見てしまいますが、やっぱり柴崎。なんと言っても柴崎。

 

 

アシストこそつかなかったものの、乾のシュートの起点にもなりましたし、他にも得点に絡みそうなパス (そういう指標やスタッツないのかな??)を何度も前線へ送っていました。香川や本田よりトップ下っぽいことをしていたような気がする…

 


あとあんなに守備意識高めな人でしたっけ?今回は(コロンビア戦でも)ディフェンス面でもピッチ内の到るところに出現し、自分より数十cmは高いであろう選手に体を強く寄せていました。

 

 

シュート良し、パス良し、ドリブル良し、ディフェンス良し、顔良し…それでいて淡々とした表情でプレーする良い意味で「不気味な選手」と化していました。

 

"金狼"の復活、間に合う

そして日本の窮地を救ったのはこの男、間に合いました我らが本田圭佑。

 

 

1点を追う展開で香川と交代で登場しました。得意のキープ力やフィジカルはともかく、セネガルの選手のスピードについていけるのか…正直そんな心配もありましたが、登場5分で大仕事を成し遂げてくれました。

 

 

乾からのパスに、伝家の宝刀左足でゴールネットを揺らしました。ゴール後のパフォーマンス…かわいいじゃねーかこのやろう!!←

 

 

前回の記事でも書いた様に「パラメータでは表せない”何か”」に期待していた私は、またまた深夜に発狂してしまいました。(寝ていた彼女には悪いことをしました…お詫びにケーキでも買って帰ろう…)

 


カメルーンから、コートジボワールから、そして今回はセネガルから、なんとなんと3大会連続でアフリカ勢からの得点です。この大舞台でやってくれるとは…そう言えば今回の得点、カメルーン戦の時と似ていましたね。

 

 

うーん…それだけにもったいない。いや充分すごいけど!長友も呟いていた通り勝てる試合だった。乾のクロスバー直撃弾はともかく、柴崎→大迫からの空振りとか、諸々の決定機はあったし、終盤は相手の連携もガタガタになっていたのに勝ちきれなかった…

 


ということで貴重な勝ち点1、第2戦を終えて勝ち点4でございます。最終戦はFIFAランクがグループ内トップのポーランド。既に敗退が決まっているとは言え、むしろ伸び伸びとプレーできてボコボコにされるという展開も…

 

 

引き分けでOKとは言え、過去2戦の様に攻める姿勢を見せつけて挑んで欲しいです。頑張れ日本!