ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

ごだいは今日も生きています。

転職したての社会人4年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【2018年W杯】涙をのんで日本vsベルギーの感想を|ありがとう、『最強』西野ジャパン

スポンサーリンク

f:id:godaiyu:20180703164211p:plain

こんちは、寝不足のごだいです。

 

 

来る我らがサッカー日本代表の試合、決勝トーナメント1戦目は、今最も勢いがあるチームベルギーとの対戦。

 

 

残念ながら我らが日本代表は2-3で敗れ、ロシアの地を離れることになりました。

 

 

悔しい。ホントにホントに悔しい。

 

 

実力差は試合を見れば瞭然で、本来であれば3点で済まなかったくらいに攻め込まれていました。

 

 

それでも日本が誇る組織力で守り抜き、耐えて耐えてそこから生まれたワンチャンスをものにして2得点しました。

 

 

それでもベスト8には届かなかった。届きかけただけに、本当に悔しい平日朝5時となりました。

 

本田と香川、ダブルエースの共演再びー

負けたといっても、攻撃力は昨今の日本代表において最大火力を誇っていたと思います。

 

 

ディフェンスの隙間を縫ってシュートを決めた乾もさることながら、その彼にラストパスを出した香川も、まるでドルトムント全盛期を彷彿させるプレーでした。

 

 

PA付近の密集地帯でシザースをかましたり、独特の細かいステップでディフェンスとの間合いを取るその姿は、まさにブンデスリーガで恐れられた香川真司でした。

 

 

そして我らが本田。

 

 

コーナーキックを相手GKにダイレクトでキャッチされてしまい、これを起点としたカウンターが決勝点となってしまいましたが、選手層の厚さを考えても延長戦に突入したら日本の負けだと思っていたので、勝負にいったあのキックは責められません。

 

 

そしてまたもや日本中に衝撃を与えた無回転フリーキック。ゴールまで30m近くあろうかという距離で、そしてあの大舞台であわやゴールかというコースをついてきましたね。

 

 

 

残念ながらベルギーのGKクルトゥワに弾かれてしまいましたが、もう少し角度がついていれば、キーパーが僅かでも逆方向を意識してくれていれば…無駄な「タラレバ」ですが、そう考えずにはいられない程すばらしいキックでした。

 

 

2010年のデンマーク戦では、彼の伝説の幕開けと言わんばかりに炸裂した長距離無回転フリーキック。そして奇しくも今回同じ軌道を描いたキックで、彼の代表最後の試合は幕を閉じました。

 

 

本田と香川、1つの試合で同時起用されることがめっきり少なくなった日本代表のエースたちですが、今回のベルギー戦、僅かならも同じピッチ上でプレーする2人の姿を観れて本当に良かったです。

 

ありがとう、西野ジャパン

さてさて、「リーグ全敗もあり得る」「決勝トーナメントなんて夢のまた夢」「ハリルの方が良かった」等のノイズが飛び交っていた2週間前が、今や懐かしいです。

 

 

それだけ内容が濃く、わくわくした2週間でした。

 

 

久々に友人とサッカー談義で盛り上がりましたし、「このフォーメーションはどうだ」「ワントップ本田ありじゃね?」「大迫半端ないってのフルバージョンが来たぞぉおおおお!」なんて連日目元にクマを作りながら、年甲斐もなくはしゃいだりしていました。

 

 

ここまで楽しめたのも、日本代表のおかげです。

 

 

今後の世代交代、恐らく私の好きな選手たちがごっそり抜けていくのは必至でしょうが、この世代の、西野ジャパンの2週間の戦いは忘れません。

 

 

彼らの攻撃力を”昨今の日本代表において最大火力”と前述しましたが、本気で歴代『最強』のチームだったと思います。

 

 

ナイスゲーム!

ありがとう、『最強』西野ジャパン!