ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

ごだいは今日も生きています。

転職したての社会人5年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【クリアカード編 原作29話】カードキャプターさくらを知らない26歳SEの感想(ネタバレ注意)|さくらの違和感、雪兎とケロの異変

 ★原作過去記事はこちらから!

クリアカード編 原作
巻数 話数 内容
1巻
1話 さくらと小狼、運命の再開
2話 透明になったさくらカード
3話 新たなる脅威『疾風』登場
4話 出口のない部屋『包囲』登場
2巻
5話 降り止まない雨『水源』登場
6話 攻撃が効かない?『反射』登場
7話 もう1人のさくら?『詩之本秋穂』登場
8話 校庭で行進する木々たち『行動』登場
3巻
9話 深まる秋穂の謎
10話 謎の機械音『記録』登場
11話 詩之本家の執事『ユナD海渡』登場
12話 詩之本家の書庫の秘密『透過』登場
13話 さくらと小狼のラブラブデート『螺旋』登場
4巻
14話 秋穂とお家ごはん『転寝』登場
15話 月との共闘『迷宮』登場
16話 敵?味方?海渡の『月の魔力』
17話 おかし作りで大パニック『顕現』登場
18話 さくらと『アリス』の不気味な関係
5巻
19話 『火焔』の脅威と現れた『木之本撫子』
20話 小狼とのラブラブデートリベンジ!のはずが…
21話 共鳴するさくらと秋穂、撫子の想いとは…
22話 エリオル動く!海渡の秘密とは…
23話 さくらの魔力暴走?その時小狼は…
6巻 24話 謎の人物の正体が判明…
考察
原作を読んでいるとモヤモヤする件
さくらカードはどうなった?

 

★コミック最新第5巻発売中!  

 

念願のCCさくら展に行ってきました!

  

サンタが来なくなったカードキャプターの皆さまこんにちは。ごだいです。

 

 

2018年もあと僅か!思い返せば今年は1月からクリアカード編のアニメが始まり、CCさくらファンの間でも大いに盛り上がった年だったかと思います。

 

 

2019年は2期の発表があるといいなあ…ストック的に厳しいかもですが。

 

 

さてさて、そんなCCさくらの原作ですが、物語の道筋もある程度見えたところで一区切りした気がします。

 

 

秋穂ちゃんの裏で暗躍しつづける海渡とモモ、真実を共有しようやく結託した小狼と守護者・月とケルベロス、そして何かに気づき始めるさくらちゃん。

 

 

原作もいわゆる第2部に突入した、そんな印象を受けた第29話です。

 

 

それではあらすじからどうぞ!

クリアカード編第29話の流れ

平穏な日常に戻ったかと思いきや…?

ほええええええ!

 

 

とお馴染みの声がこだまする木之本家の朝。寝坊して焦るさくらと、彼女の手で時計を止めていたことを冷静に説明するケルベロス。中学生になっても寝坊癖は健在の様子…

 

 

季節は夏。階段を降りて父の藤隆に夏服をお披露目するさくらは、よく似合っていると言われ照れていた。

 

 

兄の桃矢にも見て欲しかったのか、辺りをキョロキョロするさくらだったが、既にバイトに出かけてしまったとのことで、しょんぼりした様子を見せた。

 

 

そして登校中、遭遇したのは恋人の小狼。

 

 

彼もまた夏服。さくらからの似合っているという発言に赤面してしまう彼だが、こちらも負けじとさくらに似合っていると返した。

 

 

赤面する2人。結婚しろよ。

 

 

もちろんこの瞬間を逃すほど大道寺知世は甘くない。おかまいなくと木陰からカメラを回し、必殺の名言を発した。

知世「今日も超絶かわいいさくらちゃんが撮れましたわー」

引用:なかよし2019年1月号 カードキャプターさくらより

 

 

照れるさくらと小狼だったが、ここで小狼が気になる一言を発した。

小狼「このやりとり前にもしたような気がする」

引用:なかよし2019年1月号 カードキャプターさくらより

 

 

この発言に強い違和感を感じるさくら。この言葉を反芻しながら、またもや指先に何か感じた様子だった。

 

 

撮影が捗ってしまうとほくほくする知世をよそに、さくらの様子を気にかける小狼だが、さくら自身もその違和感の正体は分からないままだった。 

 

雪兎の身に起きた異変

場面は変わって、公園のベンチですやすや寝ている雪兎。

 

 

そしてその姿を見て彼の頬を指でつつく桃矢。どうやらバイトが終わってから雪兎と合流する予定だったようだ。

 

 

先に大学に行っていればよかったのにという桃矢に対し、雪兎は"最近"すごく眠いとあくびをした

 

 

再び揺れ動くさくらの心 

場面は再びさくらサイドへ。

 

 

どうやら裁縫の授業の様で、布生地を縫うさくらの手際を褒める秋穂だが、この分野で本領発揮するのはやはり彼女。

 

 

さくらの縫い方

ちくちく

 

 

知世の縫い方

ズダダダダダダダダッ

 

 

手元に残像をのこし、ミシンの如く超高速で縫う知世にクラスメイトの視線が集まった。これぞ百戦錬磨、数々のバトルコスチュームを制作してきたプロフェッショナル・大道寺知世の流儀である。

 

 

その一方で、秋穂に海渡の体調を伺うさくら。どうやら、前日に体調を崩したという連絡を受けたことが気になっていたようだ。

 

 

秋穂曰く問題ないらしいが、海渡は感情を隠すのが上手いため、体調の件も含め本当の顔を見せて欲しいと、秋穂は寂しい表情を見せた。

 

 

大切だからこそ本当の顔をーーこの言葉でさくらも自分の恋人を連想した。

 

 

でも、と言葉を続ける秋穂。

 

 

人は簡単に他人を傷つけてしまうこと、その傷は見えないこと、そして裂かれた心は簡単に繕えない、と意味深な言葉を漏らした。

 

 

その話を聞いて何かを感じるさくら。

 

 

次の瞬間、教室のカーテンがはさみの様なもので裂かれ始めた

 

明かされる秋穂の秘密

時を同じくして、何かを感じ取った海渡。

 

 

どうやら、さくらの心が揺れることで新たなカードが生まれることを察知したらしい。

 

 

不敵な笑みを浮かべるモモ。

モモ「今度はお目当のカードが出来そうなの? 」

引用:なかよし2019年1月号 カードキャプターさくらより

 

 

どうやら海渡とモモには目当のカードがある様だが、海渡曰く、例え目当のカードでなくともカード自体が力になるとのこと。

 

 

何の力か。

 

 

そう、モモが守護している本を動かす為の力になるとのことだった。

 

 

この本が最後に動いたのは1世紀前、そして動いたことが良い結果にならなかったことを明かすモモ。そして前回の結果はあくまで魔力が足りなかっただけと続ける海渡。

 

 

2人の密談の内容はより濃く、より暗いものへ。

 

 

禁忌の魔法を発動させるための最大の魔法具、それこそが魔法協会と「あの一族」が作り出した

 

 

 

 

 

 

詩之本秋穂自身だった。

 

感想&今後の考察

まだ夏前だったんかい!!!

 

 

今回でこの記事を書くのも29回目。約2年半続いておりますが、作中ではまだ2〜3ヶ月程度なんですね。そりゃそうか。笑

 

 

ということで夏服のさくらちゃん。もう天使です眼福ですありがとうございます。

 

 

しかもその夏服をお兄ちゃんに見て欲しいときょろきょろする姿。

 

 

サンタさんこの子下さい。

 

 

そう、こういうのが見たかった!最近暗い展開が続いていたので、何だかほっとする展開から始まった第29話でした。

 

 

そして小狼くんの夏服もお披露目。友枝中はシャツインしなくても怒られないんですね。田舎ではだらしないと言われてまうで(オカン並感)

 

 

という感じで、やはりさくらちゃんが前回停止する時の中で指を動かしたことは、さらりとスルーされました。

 

 

一応小狼くんもデジャヴの感覚を持っているようですが、ここからどうやって真実に辿り着くのでしょうか。

 

 

そして公園のベンチで爆睡する雪兎さん。

 

 

あ、あれ…これやばいやつじゃないか…?

 

 

 

 

雪兎「最近すごく眠いんだよね」

 

 

 

 

ああああああああやっぱりさくらちゃんから魔力の供給足りてねええええええええええええええええ

 

 

え!?なんで!?

 

 

さくらちゃんの魔力は以前より強まってるはずなのに…

 

 

そしてあえて記述しなかったんですけど、今回さくらちゃんが何度も起こすも、ケロちゃんも爆睡するシーンがあるんですよ。

 

 

ってことはケロちゃんにも魔力が足りていない?でもケロちゃんは自前で魔力作れるはず…

 

 

うーん、もしかしてさくらちゃんの力が強すぎて守護者からも魔力を引っ張ってしまっているとかなんでしょうか。

  

 

今まではさくらちゃんのことしか心配しておりませんでしたが、守護者2名も身も心配になってきました。

 

 

これはいよいよ桃矢兄ちゃんの出番が近い?

 

 

桃矢兄ちゃんが雪兎さんに魔力を渡す展開は、旧作のものが唯一であって欲しいと思っているので、あまり私が望む展開ではありませんが、もしかしたらもう一度あるかも…?

 

 

そして裁縫の授業で無双する知世ちゃんマジチート。 北斗神拳の伝承者ばりに手を動かしておりました。 

 

 

ちなみに私はミシンが使えません。針怖い。ボビンて何?桃鉄?

 

 

その一方で、前回から元気がないポエマーと化した秋穂ちゃん。うーん、さすがにかわいそうになってきた。いやポエムの部分じゃなくて。

 

 

まあ結論から言ってしまって彼女自身が魔法具だったのですが、彼女はそんなことを知る由もなく、最愛の人の身を心配しつづけているという…

 

 

彼女には幸せになって欲しいですし、心のそこから笑って欲しいのですが、残念ながら今の海渡さんの事情でそれは難しそうですね。

 

 

海渡さんがあそこまで魔法具扱いを明言するということは、あくまで道具として大切に扱っているという線もある訳で…それを考えると秋穂ちゃんが不憫でたまらないのです。

 

 

あと狙いのカードってなんだ!

 

 

クリアカードには強力な魔力があって、禁忌の魔法を発動させるトリガーとしても有用とのことですが、その狙いのカードがくれば一発で発動できるようなものなのでしょうか。

 

 

さくらちゃんは無意識にクロウカードのイメージを根源としてクリアカードを作っている様なので、もしかしたらクロウカードの中でも特に強力な、ライトやダークを基にしたものが狙いのカードに該当するのかもしれませんね。

 

 

最も該当するのはホープのカードかと思いますが、アニメ版オリジナルだからそれはないか…ただクリアカード編のアニメで意味深にホープのカードが登場したことも気になる…

 

 

という感じで次回は久々に新カードが登場しそうですね。

 

 

ハサミの形でカーテンを引き裂いていたので、そのまんまですが「Scissors(シザーズ)」と予想します。しばらくはまたカード集め回が続きそうですね。

 

 

ということで以下が今まで入手したクリアカード一覧です。

※クリックで拡大できます

f:id:godaiyu:20180502001202p:plain

 

それではまた次回!感想コメントは『ともよちゃんねる2.2』まで!Twitterもフォローしてくれると喜びます!!

f:id:godaiyu:20180521203544p:plain

【CCさくら展レポート!】今、日本で最も「優しい空間」はここにある

この題意に一切の偽りなし!

 

 

ということでこの度、2018年10月26日から六本木ヒルズにて開催されている「カードキャプターさくら展~魔法かけられた美術館~」に行ってきたので、そのレポートを書きます。

 

 

既に行った人との感動の共有や、まだ行っていない人の参考になれば嬉しいです。

会場に向かうまで

この展覧会は六本木ヒルズの森タワーにて開催されております。

 

 

私は地下鉄都営大江戸線の六本木駅から会場に向かったのですが、歩いて10分ぐらいで着きました。帰宅ラッシュの時間だったため、会場までの道はそこそこ混雑していましたが…

 

 

そしてはりきりすぎて展示場ではなくオフィスビルに入ってしまう人がいました。いい大人が道案内も読めないのかい? 恥ずかしくないの?(挑発)

 

 

まあ私なんですけどね。

 

 

恥ずかしい気持ちを固着し、社員のフリをして無表情で退館しました。

 

 

この様に、さくらちゃんの魅力は時に大人の判断力や思考力をも低下させてしまうので、皆さんも気をつけてください。

 

「はじまりの書庫」でもう泣く

f:id:godaiyu:20181201155541j:plain

いざさくら展に入ると、まずは巨大な本のオブジェクトが何冊も置かれています。

 

 

もうこの時点で咆哮してしまうほどテンションが上がるのですが、特筆すべきはその裏面

 

 

本物の本のごとく、裏面にはCCさくらの歴史や登場人物、そして著名人からの作品に対するコメントが記されておりました。

 

 

f:id:godaiyu:20181201155547j:plain

連載開始から20年ーーこの数字から当時のCCさくらに対する思い出が呼び起され、涙する人もいるのではないでしょうか。

 

 

私も小学生のころ、姉の影響で漫画・アニメを見ていた世代ですが、不思議ですね、まさか大人になった自分がこうしてこの作品に触れることになるとは…

 

 

私がぜひオススメしたいのは、ミッツ・マングローブさんのコメントが記されている本。この作品における”好き”という想いは、他の作品と少し異なるということについてコメントされております。

 

 

さくらちゃんは知世ちゃんが好き

知世ちゃんはさくらちゃんが好き

桃矢兄ちゃんは、雪兎さんは、小狼くんやエリオルは…

 

 

男と女という属性に執着せず、決して一括りにはできない”好き”という想いが交錯するこの作品に、私も改めて不思議な魅力を感じました。

 

 

f:id:godaiyu:20181201155631j:plain

そしてこの紹介文。ちょっと胸が痛いです。

 

「スペシャルシアター」で魔法にかけられる

はじまりの書庫を抜けると、10~15人単位でミニシアターに案内されます。

 

 

部屋の中心には横長のソファがあり、そこでショートムービーを鑑賞しました。

 

 

そして喋るケロちゃん。

 

 

ケロちゃん

「来てくれてありがとな~」

「なんやべっぴんさんオトコマエばっかりやな~」

 

 

良く分かってんじゃん。

 

 

ということで「さくらちゃんに早く会いたいあまりオフィスビルに特攻した不審者」から「オトコマエ」に昇格しました。やったぜ。

 

 

このケロちゃん節全開のミニシアター。画面狭しと動き回る彼ですが、やはりめっちゃかわいい…この展覧会でしか視聴できないという特別感に、頬は緩みっぱなしでした。

 

 

そしてそして、来場者はこの部屋でさくらちゃんに魔法をかけられてしまうのですが、どんな魔法かは最後に分かります。

 

 

個人的にこの演出には(´;ω;`)ブワッとなったので、ネタバレはしません。ぜひ行って確かめて欲しいです。

 

 

体験した人へ…あの演出やばくないですか!?私は帰る時にちょっと声が出ちゃいました。笑

 

「フラワーの部屋」で目がおかしくなる

f:id:godaiyu:20181201155641j:plain

勿論良い意味で。ご覧の通り壁中にお花のシールが張り巡らされています。

 

 

あまりにカラフルな空間に圧倒され、同時に童心に返ったようなわくわく感がこみ上げました。フラワー登場回もこんな感じだったのかな。

 

 

しかもこれは来場者が貼ったものというのだからすごい。

 

 

というのも、部屋に入るとお花のシールが来場者1人につき1枚渡されるのです。そして来場者はこの部屋の好きな場所にシールを張ることができるのです。

 

 

さすがに全部ではないでしょうが、10月26日初日とかはどんな感じだったんですかね。(初日組の方はぜひTwitterで教えて下さい!)

 

「包囲(シージュ)された知世のアトリエ」で知世ちゃんのすごさを痛感する

f:id:godaiyu:20181201155657j:plain

この作品における見どころの1つでもある知世ちゃんが製作するさくらちゃんのコスチューム、なんとこれがハイクオリティに再現されていました。

 

 

他にも奥の棚にはコスチュームに利用されるであろう生地がどっさりと。知世ちゃんの血と汗と涙と努力の結晶を目の当たりにしました。

 

 

作中だとさくっと作っているイメージだけど、実際にみるとすごい労力をかけているんだろうなあとしみじみ感じました。

 

 

f:id:godaiyu:20181201155706j:plain

そしてコスチュームの隣には知世ちゃんのコメントが…そのコスチュームの見どころやポイントを紹介してくれます。

 

「迷(メイズ)な原画ゾーン」で感情が崩壊する

撮影禁止のエリアのため、否、メイズの魔力のせいでカメラが使えなくなるエリアのため写真はナシです。

 

 

クロウカード編からクリアカード編にかけて、コミックスの表紙や、なかよしに掲載された扉絵、原作の原画がなんとなんと100点近く飾られていました

 

 

これはもう感情崩壊。爆発。悟空がやらねば誰がやるって感じです。古いですね。すみません。

 

 

最初はクリアカード編の原画がメインなのですが、普段は何気なく液晶で読んでいるページも、原画として近くで見るとただただ唸ってしまうものでした。

 

 

私もコミックスの表紙等は何度も見ているのですが、原画で見ると別物。こみ上げてくるものがありました。

 

 

そして中盤からがこのエリアの真骨頂、知世ちゃんの原画コーナーです。

 

 

原作にて知世ちゃんが関連する数々の名シーンの原画が飾られているのですが、チョイスがどれも絶妙なんです。ちなみに私が1番好きなシーンはこちら。

「わたしには大好きな人が幸せでいてくださることが いちばんの幸せなんです」

引用:カードキャプターさくら 第7巻

 

 

当然こちらの原画もありました。

 

 

自分の愛する人の幸せを1番に考え、それが彼女にとっての最大の幸せ…

 

 

改めて彼女の達観している(しすぎている?)人生観に驚愕しながらも、やはりどこか寂し気に感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

 

もう本当に素晴らしい1枚。国宝。

 


ちなみに私が行ったのは前期ですが、後期で原画が総入れ替えになるらしいです。この1枚がなくなってしまうのは悲しいですが、次に飾られるシーンも楽しみです。

 

「記録(レコード)の部屋」で思い出を刻み込む

f:id:godaiyu:20181201155723j:plain

知世ちゃんが失神してしまう説が濃厚な巨大なさくらちゃんです。

 

 

え、これだけ美しい絵があったらみんな群がっちゃうんじゃないの?という思いは一瞬で払しょくされました。

 

 

来場者が自発的にさくらちゃんの絵の前で撮影の順番待ちをしていたのです。

 

 

係員もいたとは言え、何という優しさの連鎖。2人で来て1人撮ったら列の後方に回るという方もいらっしゃいました。聖母かな?

 

 

ということでこれから行く人も安心して下さい。混んでいても必ずさくらちゃんと写真が撮れますよ!

 

「ビッグなケロちゃん」にビビる

f:id:godaiyu:20181201155728j:plain

でかい。

 

 

「カードの間」で圧倒される

f:id:godaiyu:20181201160606j:plain

なんと作中に登場したクロウカード、さくらカードがすべて飾られていました!壮観!

 

 

こうしてみると、さくらちゃんがクロウカードからさくらカードに変える時相当大変だったんだろうなあ…53枚って…

 

 

あ!

 

 

ホープのカードあるか観るの忘れた…痛恨のミスや…どの絵柄で飾られていたんだろう…

 

 

 f:id:godaiyu:20181201155734j:plain

さらに奥に進むと今度はクリアカードがありました。顕現(アピア)がかわいい!

 

 

一方で引力(グラビテーション)や闘争(ストラグル)のカードがなかったので、原作に登場したカードのみ展示されている様です。

 

まとめ

さてさて、もっともっと見どころを書きたいところですが、今回はこの辺で留めておきます。

 

 

今回の私が行ったCCさくら展ですが、心の底から行って良かったと思える内容でした。

 

 

それは展示物のクオリティもさることながら、たくさんのCCさくらファンと喜びや感動をその場でシェアできている空気が、たまらなく心地よかったからです。

 

 

前述した撮影エリアでのこともありますが、皆さん本当に幸せそうでした。

 

 

そして我々ファンもですが、きっと製作サイドや運営サイドもCCさくらが大好きなんだろうなあ、ということが展示構成や演出内容から実感できました。

 

 

知世ちゃんの目線を体験できる「TOMOYO FINDER」という覗き穴も設置されており、思わずほっこりしておりました(笑)

 

 

今、日本で最も優しい空間と言っても過言ではないCCさくら展、まだ行ってない方はぜひ足をお運びください!

 

 

 

それではまた次回!『ともよちゃんねる2.2』やTwitterにてコメントをいただけると喜びます!

f:id:godaiyu:20180521203544p:plain

【VPS+Wordpress】xmlrpc.phpを狙った海外からの攻撃を受けたので.htaccessでアクセス制限する

上記事のことで、昨日またまたサーバが停止しました。

 

 

いい加減にしてくれとrebootをかけてエラーログを確認したのですが、よくよく考えたらapacheのエラーログばかりで通常時のアクセスログを確認していなかったことに気づきました。何やっとんねん。

 

 

ということで確認した内容と、対応した内容を記します。

今回確認した事象(おさらい)

f:id:godaiyu:20181123060422p:plain

・不定期にDISK I/O負荷が急増する

・事象発生時にはサイトにアクセスできなくなる

・コンソールはかろうじて動くがかなり重い

・rebootすれば解消する

 

apacheのアクセスログを確認する

/var/log/httpd配下のaccsess.logを確認してみると、以下の通り。

f:id:godaiyu:20181124114427p:plain

 

同じIPアドレスからサーバの特定のファイルxmlrpc.phpにずっと接続してきている…※攻撃者のIPはいっそ晒してやりたかったのですが、その辺のモラルやら法律には疎いので黒で塗りつぶしています

 

つまりあっしのサーバは、攻撃者の接続要求クエリ→失敗→攻撃者の接続要求…の繰り返しで高負荷がかかってしまっていたらしい。

 

 

xmlrpc.phpとはなんぞや?

と思って調べてみると、外部からWordpressを制御するプログラムの様ですね。スマホのアプリとかを利用して記事を投稿する際はこのプログラムを使うらしく、よく攻撃の対象にされるとのこと。へえ。

 

 

.htaccessでアクセス制限しちゃいましょう

xmlrpc.phpを配置している階層にある.htaccessに以下の記述をしました。そもそもxmlrpc.phpにアクセスさせず403エラーを返す様にします。

 

<Files xmlrpc.php>
 Order allow,deny
 Deny from all
</Files>

 

 

CPU負荷が一気に下がった

f:id:godaiyu:20181124120517p:plain

日●の株価ばりにCPU負荷が急落しました。攻撃者のIPからのアクセスはまだ続いておりますが、全て403のエラーで返すことに成功しています。

 

apacheに対する接続要求はまだ続いているので、てっきりiptableでIPアドレス制限するまでは負荷は落ちないと思っていたのですが、403を返している時点でそれ以降の処理はさせていないのかしら。まあIPも制限するけど。

 

ということで久々の障害調査ですが、やはり結構時間喰いますねー。ある程度障害にあたりがつけばネットに解決する情報はたくさん載っているのですが、今回は始めて確認した事象なのでそこに行くまでに時間がかかってしまった…

 

まさか自分の大学時代の研究内容に触れることを、数年後自分が身をもって体験するとは…笑

 

とは言えアクセスログを確認せずエラーログばかり確認していたのはかなり反省。もう少しapacheについて勉強しよう。

 

おしまい。

 

【VPS+Wordpress】不定期にI/O負荷が爆上げしてサーバが停止するので調査してみる

2018.11.24 解決しました!!

 

Facebookやmixiに次ぐ大手SNSサイト『ともよちゃんねる』に激震が走った。ここ数日でサイトが断続的にダウンしていたのだ。

 

 

この事態に管理者は困惑。

 

 

そして現実逃避。あ、ピカブイ買いました。

 

 

ということで(珍しく)真面目に障害調査をしてみたので、備忘を兼ねて対応内容を記してみます。

 

前提条件

サーバを動かしている環境は以下の通り。結構低スペで動かしております。

基盤:さくらのVPS

メモリ:1GB

ストレージ:SSD30GB

CPU:2コア

OS:CentOS Linux release 7.5.1804

DB:mysql Ver 15.1 Distrib 10.2.15-MariaDB

WEB:Apache/2.4.6

ソフト:Wordpress

 

今回確認した事象

f:id:godaiyu:20181123060422p:plain

・不定期にDISK I/O負荷が急増する

・事象発生時にはサイトにアクセスできなくなる

・コンソールはかろうじて動くがかなり重い

・rebootすれば解消する

 

障害調査するんだぁ

とりあえずtopコマンドでサーバの負荷を見てみる。

 

 

通常時

f:id:godaiyu:20181123083602p:plain

 

 

暴走時

f:id:godaiyu:20181123062440p:plain

おうふ。。。メモリが自爆寸前のセルのごとくパンパンになっておりました。もうこの時点でコンソール操作がかなり重い。肝心の「何のプロセスが負荷をかけているのか」ですが、ご覧の通りWEBサーバのapacheさんがかなり頑張っているみたいです。

 

 

ということでhttpd関連のログをチェックしました。案の上エラーログを吐いているので中身を確認します。

 

コマンド:

 cat /var/log/httpd/error_log

 

結果:

f:id:godaiyu:20181123080723p:plain

 

 

oh...

 

 

ログがずらーーーっと並んでおりますが、接続を元をみると殆ど同一のIPアドレス[83.142.X.X][220.243.X.X]で、国を調べてみるとイギリスや中国のものっぽい。

 

 

まさかDOS攻撃かと思いつつエラーログの各行末尾を確認すると、どうやら特定のインスタンスへのアクセスに対し集中放火されているみたいです。

……wp/wp-includes/wp-db.php on line 1924

 

 

ググったらたまたま同じ事象に直面している人がいたので、こちらのエントリを参考にしてみる。

f:id:godaiyu:20181123082612p:plain

https://wordpress.org/support/topic/error-messages-when-accessing-site/

 

 

回答者曰く「テーマやらプラグインやらが競合している可能性があるから一度全部停止して切り分けてみよ」的なものでした。私が直面している問題は不定期で発生しており確認が難しかったため、とりあえず余計なテーマやプラグインを片っ端から停止➡︎削除しました。

 

 

メモリが少ないからスケールアップも考えてみたけど、原因が分からないしもっとアクセスが集中していたときもこのスペックで捌けていたので、とりあえず今はこれで様子見…

 

 

うーん、接続元が海外というのが気になるなあ。テーマやプラグインのアップデート先が海外で、自動でアップデートしようとして失敗というシナリオだったら納得するけど…

おまけの対応 

ついでに以下対応も行いました。

 

①データベースの正常性確認

目的:

 データベースの正常性を確認する

コマンド:

 mysqlcheck -c -u "ユーザ名" -p --all-databases

結果:

 全てOK

 

②データベースの最適化処理

目的:

 特定のデータベースのテーブル内にオーバーヘッドが出てないか確認し、出ていれば最適化を行う。

 

コマンド: 
 mysql> use "Wordpressのデータベース名";
 mysql> show table status \G;

 

結果:

f:id:godaiyu:20181123084420p:plain

テーブルの22行目の[wp_posts]にオーバーヘッドが結構残っていた。名前的に投稿データを格納するテーブルだと思われる。最適化する。

 

コマンド:

 mysqlcheck -o -u "ユーザ名" -p --all-databases

 

結果:

f:id:godaiyu:20181123085516p:plain

半分くらいになった。

 

③ネットワーク監視ツールの導入

f:id:godaiyu:20181123090036p:plain

無料で利用できるネットワークの死活監視ツールを導入してみた。アカウントを取得して監視対象のURL等の情報を入力するだけで、対象サイトに対しhttpやpingのポーリングを行ってくれる優れもの。

 

 

f:id:godaiyu:20181123090359p:plain

指定した時間以内に対象サイトから応答がなかった場合は、以上の様にメールで通知してくれる。もっと早く導入しておけば良かった…

 

 

おしまい 

私の近況:命を狙われて転職活動して体調崩した挙句に英語の勉強を始めた話

f:id:godaiyu:20181114201335j:plain

 

こんちは。

 

最近自分が昔書いた記事を読んだら、当時の情景とかをフラッシュバックできて面白かったので、近況を未来の自分(生きていればの話だが)に向けて綴ってみます。

 

早速ですが命を狙われます

職場で「腹が立ったからあいつを処分して欲しい」というクレームを受けた。

 

 

いきなり穏やかではない内容だが、何を隠そう「あいつ」とは私のことである(ドヤ顔)

 

 

簡単に経緯を記すと、学生に開放している部屋にて、利用時間のリミットが迫っていたので、「そろそろ閉めまっせー」と私が特定の学生に一言告げたところ、不機嫌そうに退出していった。

 

 

そんで後日、その学生から「うるさいから出ていけと言われて不愉快になった。あいつを処分してくれ」という怒りのクレームが届いた。

 

 

 

言ってねえしwww

 

 


てか処分て。ヒットマンかよ。

 

 

向こうも不快だろうが、私もかなーり残念な気持ちになった。蛍の光のBGMでも流せば良かったのかなあ。

 

転職活動を始めます

まだ自分のことをエンジニアだと勘違いしている私は、今の職場では自分のエンジニアスキルが磨けないことに不安を覚え、不安を覚えた当日に転職活動を開始した。

 

 

もうSIer企業には戻りたくない、でも20代のうちにITスキルをゴリゴリ伸ばしたいという漠然とした思いから外資系ITに応募したところ、意外にも書類がするすると通った。

 

 

でも面接で聞かれるのは揃って「英語はできるか?」ということ。そりゃそうだよね。外資系だもの。

 

 

皆さんご存知の通り、日本語すら怪しい私に英語などもっての他。

 

 

大学時代に取得したTOEIC500点台というクッソ微妙なスコアを提示して、これから頑張りマンモスという意思をアピールした。

 

 

そして落ちた。

 

 

2次面接で落ちたけど、最終面接はアメリカ本社の役員と電話面接だったらしい。どうでもいいことだけど、いちいちアメリカのことを「本国」と言うところに少しイラッとした。

 

 

そんなこんなで信念なき転職活動に疲弊してしまい、今年度の転職は中止することに。

 

 

まあ英語をできないことを盾にしているけど、自分のエンジニアとしての技術力が企業が要求している水準に達してなかったのは事実なので、結果には納得している。

 

 

あとインフラ構築を手作業で行う時代はマジで終わったんだなという印象を受けた。

 

 

応募した企業は自社サービス環境でも検証環境でも、Chef、Docher、Ansible辺りのツールを利用して構築していた。好きな分野だしちょっと勉強してみようかなあ。

 

体調を崩します

という感じで転職活動している間は心身共に消耗していた。

 

 

仕事終わりにエージェントとの調整や、連日連夜面接面接面接のスタープラチナばりのラッシュだったので気疲れが半端なかった。

 

 

もはや転職活動がメインの生活となり、「なんで仕事なんか行かなくちゃいけねえんだよ(半ギレ)」という分けの分からない状態になったり、現職の会議中にめっちゃ考えてるフリして面接で何言うか考えていたこともあった。

 

 

常に熱っぽくご飯も3杯しか食べれないほど体調が悪かったので、今度転職活動をする時はもっと時間をあけて面接のスケジュールを組もうと思いました(小学生並の感想)

 

英語の勉強を始めます

ごだいは英語ができないフレンズなんだね!

 

 

ということで今回の転職活動で痛感したことの1つでもある英語について。

 

 

日常生活では使うこともないけど、今の職場の昇進試験とか、それこそ今後転職する際のステータスとしてTOEICのスコアはある程度持っていたい…

 

 

将来さくらちゃんや知世ちゃんの様なかわいい娘ができたときに「パパ英語もできないの?ウケる(笑)」みたいなことを言われたらそれこそ体調を崩しかねないので、今一度英語に本腰を入れてみようと思う。

 

 

さて、コーヒーを飲みながらジョジョ観よう。