ごだいぶろぐ 絶対大丈夫じゃないSEのぼやき

頭が封印解除しているシステムエンジニアのブログです。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【感想】呪術廻戦14巻を読んで感情がふるべゆらゆらしました

スポンサーリンク

 

 

やばい。やばい新巻でした。

 

いや、この漫画において心穏やかに読めるまともな巻などあまりないのですが(笑)、

 

まあとにかく大きな動きあり、衝撃あり、悲しみありの最新14巻でした。

 

宿儺好きにはたまらないかな?

 

ということで宿儺(虎杖)vs漏瑚から始まった当巻ですが、残念ながらというか当然ながらというか、終始宿儺が圧倒ムードで話が進みます。

 

互いに炎を操る術式ながら、宿儺の「開(フーガ)」はまさに火力違いの威力を見せつけ、漏瑚は間もなくして消し炭に。

 

ではこのあっけない戦いは何も意味がなかったのかというと、個人的には割とそうでもありません。

 

敵サイドでありながら、漏瑚というキャラクターの魅力がかなり光った展開だったなあと。

 

己が信念を最後まで貫き、呪霊を代表して作中の「最強たち」に真っ向勝負を選んだ彼の生き様には脱帽です。

 

五条先生とまともにやりあって2度も生還した奇跡のキャラクターとも言える…(笑)

 

彼を語るうえで仲間想いであるという特性も欠かすことはできません。

 

仲間の呪霊、花御とだごん(←漢字がすぐ出せない。笑)がやられた時には、怒りや哀しみの感情をしっかりと見せておりました。

 

初登場時は「こんな奴がそんな強いんか…」「テキトーなデザインやな…」ぐらいにしか思えませんでしたが、彼の”人間らしい”一面にいつの間にか魅かれておりました。

 

不思議なキャラクターだった。

 

最後に諏訪部ボイスで「誇れ、オマエは強い」と称賛を受けて逝ったとさ。

 

安らかに眠れ、漏瑚。

 

そしてよ。

そしてここで出すか伏黒恵。

 

五条先生にも「奥の手があるせいか本気の出し方を知らない」と諭されていた彼ですが、呪力も体力も限界を迎えたのか、なんと呪詛師相手にその奥の手を出してしまいました。

 

 

布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)

 

 

通常は調伏した式神を出すのが式神使いですが、今回の伏黒くんはなんと「未だ調伏していない式神」を、「調伏するための儀式」の体で無理矢理呼び出しました。

 

これが彼の奥の手。

 

呼び出されたのは最強にして最恐の式神・八握剣 異戒神将 魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)でした。

 

ん?んんん?んんんん???なんだって???

 

異戒神将???

 

 

 

 

クッソかっこよすぎわろた

 

 

なにこの中二病全開の名前。惚れる。

 

ちなみに布瑠部由良由良は、日本の史書「先代旧事本紀」に登場する唱えもので、「ふるべ」は瑞宝を振り動かすこと、「ゆらゆら」は玉の鳴り響く音らしいです。(引用wiki)

 

やばい想像以上にちゃんとしていたお名前だった…(中二病とか言っちゃった…)

 

 

そして強い!!

 

そして怖い!!!

 

エイリアンの様な顔に翼の生えた頭、そして筋骨隆々のボディ。

 

伏黒くんを簡単にぶっ飛ばすほどの剛腕に、呪霊なら一撃で葬ることができる(宿儺談)正の術式を帯びた剣。

 

加えて事実状弱点が無く、無限に回復する特性で宿儺を最後まで追い詰めました。

 

かつて過去に伏黒くんが追い込まれた際に「布瑠部…」と身構えていたのは、この最強の式神を召喚しようとしていたことが、今回明らかになりました。

 

ただ何をどうしても、魔虚羅の力量は伏黒くんのそれを遥かに超えているので、自分が死ぬ覚悟で出すまさに奥の手だったんですね。

 

にしてもここで出すか―――――。

 

まさか、まさか重面春太に出すとは思わなかった。

 

伏黒くんも渋谷事変の連戦に次ぐ連戦で、死の淵限界まで消耗していたことが伺えます。

 

だごん(←やっぱり漢字がすぐ出せない。)戦の際には「領域展開」を使っていたし、パパとも闘っていたしなあ…仕方ない。

 

そして今回も宿儺に生かされた。

 

個人的に、宿儺は伏黒くんの力を使って受肉しようとしているのかなあと思っているのですが、その辺りの真偽は先に持ち越しされました。

 

そして全国の読者を阿鼻叫喚の渦に陥れた展開。

 

ナナミンこと七海健人が、特級呪霊・真人の手によって死亡しました。

 

はぁ…ナナミン…

 

いやなんとなく分かっていたんだけどね。

 

特級呪霊との連戦。だごん戦でかなり消耗していて、おまけに漏瑚の火炎をまともに受け、それでいてなんともありませんでしたなんて都合の良い展開を、この作品には期待できない。

 

大やけどを負って半身はただれ、眼球もないその瀕死状態で、多数の呪霊たちに最後まで抗いました。

 

もう十分やったさ、とぼやく彼。

 

いや十分すぎるよ!!!(嗚咽)

 

相手が、組み合わせが、状況が悪すぎた。

 

そのまま動かなければ、真人と遭遇せずに生存できたかもしれない。

 

(ただ真人は「ずっといた」と言っていたので、ナナミンが弱り切るのを最後まで待っていたのかもしれない…)

 

個人的に、彼は五条先生より「虎杖の師匠」感が強かったです。

 

未熟な剛腕と冷静な知略家、もう少しこの2人のツーマンセルを見たかったのですが…

 

虎杖(宿儺)の救出を経て少し生き延びましたが、やはり対真人二戦目で領域展開を喰らったときに、彼の運命は確定していたのかもしれません。

 

そして虎杖に対して最後に伝えた、「後は頼みます」という呪い

 

これまでの少年漫画では、キャラクターの死に際の言葉というものは清いもので、後に残された者たちへの「糧」という扱いをされていたかと思います。

 

対してこの作品では、その言葉がどれだけ力強いものだとしても決して清いものとして扱わず、残された者を縛る「呪い」として扱ってきました。

 

この考え方、結構好きです。

 

死者の言葉を必要以上に美化するのがあまり好きではないのと、死者から向けらた(残された)言葉から生み出される使命感からは、一生逃れることができないというのは、まさに「呪い」という表現に相応しいと納得できるからです。

 

生者を縛る死者の言葉。この作品のテーマが改めて強調された悲劇的なシーンでした。

 

嗚呼、ナナミン。泣

 

彼の死は決して無駄ではないなんて綺麗ごとは言いたくない。

 

もっと活躍を見たかったし、正直呪術師からリタイアして欲しかった(彼の意思に反するかもですが)。ってかこんなキレ者は現場に出さず、管理側に配置しろよと強く思う。

 

これも呪術師不足の性ですかね。

 

せめて同期の灰原さんと再会できることを祈る。

 

マジでなんなん真人。

そろそろくどいぞ真人。

お前天敵だらけだな真人。

 

ナナミンをやっつけたこととは関係なく、なんか能力も性格も態度も思考も容姿も好きになれないキャラクター真人。(ファンのひとごめそ)

 

そろそろ虎杖がやっつけて決着かと思いきや、何やらまだまだ不穏な流れは続きそう。

 

 

いやあああああああああああああああ野薔薇ちゃんはやめてえええええええええええええええええええええ。

 

 

結構すきなのよ野薔薇ちゃん。

 

性格が好き。

上京してきた動機が好き。

だからやめて。

 

このキメラアント編の流れを止めて。

 

止めて欲しいけど面白いんだよなぁ。

 

続きが気になりますが、次巻は4月頃かな?それまでしばしお休みです。

 

週刊誌で追いつきたいが、我慢、我慢…。

 

★単行本14巻発売中!