ごだいぶろぐ |ひよっこ技術者の漫画感想

ごだいぶろぐ|頭がレリーズしている26歳の雑記ブログ

転職したての社会人4年生の雑記です。カードキャプターさくら クリアカード編の感想記事を定期更新中

【クリアカード編 考察②】さくらカードはどうなった…?なぜCCさくらの新章を読むとこんなにモヤモヤするのかを分析してみた

スポンサーリンク

f:id:godaiyu:20170918041610p:plain

★原作過去記事はこちらから!

クリアカード編 原作
巻数 話数 内容
1巻
1話 さくらと小狼、運命の再開
2話 透明になったさくらカード
3話 新たなる脅威『疾風』登場
4話 出口のない部屋『包囲』登場
2巻
5話 降り止まない雨『水源』登場
6話 攻撃が効かない?『反射』登場
7話 もう1人のさくら?『詩之本秋穂』登場
8話 校庭で行進する木々たち『行動』登場
3巻
9話 深まる秋穂の謎
10話 謎の機械音『記録』登場
11話 詩之本家の執事『ユナD海渡』登場
12話 詩之本家の書庫の秘密『透過』登場
13話 さくらと小狼のラブラブデート『螺旋』登場
4巻
14話 秋穂とお家ごはん『転寝』登場
15話 月との共闘『迷宮』登場
16話 敵?味方?海渡の『月の魔力』
17話 おかし作りで大パニック『顕現』登場
18話 さくらと『アリス』の不気味な関係
5巻 19話 『火焔』の脅威と現れた『木之本撫子』
考察
原作を読んでいるとモヤモヤする件
さくらカードはどうなった?

 

f:id:godaiyu:20170918000539p:plain

見習いカードキャプターのみなさま、こんばんは。ごだいです。

 

 

現在巷でぷち騒ぎになっているCCさくらの新アニメーション「さくらとふたつのくま」、みなさまはご覧になりましたでしょうか。

 

 

作画や声の具合は少々変化したところもありましたが、さくらちゃんのかわいさは幾年の歳月を経ても衰えていませんでしたね。萌え袖最高でした。

 

 

さてさて、今回の記事で取りあげる内容は、例の『クリアカード編』の原作についてです。一応考察の第2回”とさせていただきます。

 

 

毒…という訳ではございませんが、今回も苦言多めです。しかしながら、これは私が本作品のことが本当に好きだからこそ気になってしまった、ということを前提に置かせて下さい。

 

 

まあ何が言いたいかと言うと、嫌いで言ってる訳ではないからなるべく叩かないで(ry

 

 

前回の記事で取り上げた内容、新章・クリアカード編では「さくらの目的と目標が不明瞭である…だからこそ読んでてもやもやしてしまう」と結論づけていましたが、どうやら私個人としてはそれだけでは不十分でした。

 

 

これだけはみなさまと共有したいと思っていた違和感、それは

 

 

 

 

さくらちゃんとさくら(クロウ)カード達の絆どうしたの??

 

 

 

ということ。私がそう強く感じたのは、現在再放送しているアニメ版CCさくらの69話「さくらと現れたクロウリード」の1シーンです。

 

 

最後のクロウカード、ライトとダークをさくらカードへと変化させるために奮闘するさくらちゃん。様々な試練を乗り越え、強化された彼女の魔力でも、エリオルとの圧倒的な実力差に苦戦を強いられます。

 

 

そこで「新しい主」である彼女の身を案じて寄ってくるカードたち。

さくら「カードさん達…心配してくれてるんだね…」

 

 

決してこの話だけに限ったことではありませんが、ああ、やっぱりさくらはカードたちのことが大好きだし、カードたちも新しい主のさくらを本当に慕っているんだなあとしみじみ思いました。

 

 

※元の主はエリオル(クロウ)なのに、それでもさくらのもとに集まってくるカードの描写、たまらなく好きです。

 

 

しかしながら、現在のクリアカード編、さくらカードが全て透明になってしまいます。これだけであの1シーンや今までのカード達の絆を考えると心が痛いのですが

 

 

 

新章のさくらちゃん、もっと焦ったりカードたちのことを心配しても良いんじゃないかなあ…

 

 

あんなにカードさんたちとなかよしだったのに!!

 

 

なんて思ってしまいました。確かにクリアカード編の第1巻において、さくらちゃんが失ったカードたちを心配する描写があるのですが、それっきりだった気がします。旧作の彼女であれば、失ったカードたちのことを思ったり、また1人で悩んじゃったり、それを慰めてもらったり、ということになるのかと思います。

 

 

つまり、「1日でも早くカードさんたちを取り戻さなきゃ」という気概が一切感じられないのが、私が感じている違和感です。

 

 

よく言えば余裕がある、悪く言ってしまうとのうのうと学園生活を送っている様に感じます。もちろん恋人の小狼に再会できた喜び、クリアカードによる不思議な出来事に困惑している、というのもあるでしょうが、彼女には今一度カードたちとの絆を思い出し、事の解決に躍起になってほしいです。

 

 

あれだけなかよしだったカードが急に透明になって、12話の間何も言及されないのがおかしいと思いますし、何よりいちCCさくらファンとしてちょっぴり悲しいです

 

 

と、肩の力を抜いて新章を楽しめていないのは、私が大人になってしまったからでしょうか(笑) 新章のさくらちゃんめっっっちゃかわいい!!かわいいけど…

 

 

たまにはカードさんたちのことも思いでしてあげてーーーー!!!!

 

 

 

★クリアカード編単行本1〜3巻発売中!

オリジナルアニメDVD付き3巻は2017年9月13日発売!

 

★原作過去記事はこちらから!

クリアカード編 原作
巻数 話数 内容
1巻
1話 さくらと小狼、運命の再開
2話 透明になったさくらカード
3話 新たなる脅威『疾風』登場
4話 出口のない部屋『包囲』登場
2巻
5話 降り止まない雨『水源』登場
6話 攻撃が効かない?『反射』登場
7話 もう1人のさくら?『詩之本秋穂』登場
8話 校庭で行進する木々たち『行動』登場
3巻
9話 深まる秋穂の謎
10話 謎の機械音『記録』登場
11話 詩之本家の執事『ユナD海渡』登場
12話 詩之本家の書庫の秘密『透過』登場
13話 さくらと小狼のラブラブデート『螺旋』登場
4巻
14話 秋穂とお家ごはん『転寝』登場
15話 月との共闘『迷宮』登場
16話 敵?味方?海渡の『月の魔力』
17話 おかし作りで大パニック『顕現』登場
18話 さくらと『アリス』の不気味な関係
5巻 19話 『火焔』の脅威と現れた『木之本撫子』
考察
原作を読んでいるとモヤモヤする件
さくらカードはどうなった?

 

★以下の記事もよく読まれています

大の大人が『妖怪ウォッチ』にハマった件…

大の大人が池袋で『黒い妖怪』にボコられた件…

ベイビーステップの連載終了が妥当だと思う3つの理由

さくらとふたつのくまの感想!やっぱり知世ちゃんは女神だった説